Flutter 開発環境の構築

macOS Big Sur にて Flutter の環境をセットアップする。

環境は、stera terminal (JT-C60) のアプリを開発するためのセットアップとなっていますので、その点だけご注意ください。

1.Flutter をダウンロードする

https://flutter.dev/docs/get-started/install/macos

ダウンロードしたzipファイルを解凍し、フォルダーを自分のローカルフォルダーに移動する。

2.環境変数を設定する

.zprofile ファイルのPATHに ~/flutter/bin を追加する。

$ echo 'export PATH=~/flutter/bin:$PATH' >> .zprofile

設定したファイルを有効にするため、source を実行する。

$ source .zprofile

3.Flutter の診断ツールを実行

Flutter の診断ツールを実行して、開発環境で不足しているものを確認する。

$ flutter doctor

素の macOS Big Sur の場合、Android devices や Xcode のCocoaPods あたりが不足しているとのエラーメッセージが表示される。

Running "flutter pub get" in flutter_tools...                      13.3s
Doctor summary (to see all details, run flutter doctor -v):
[✓] Flutter (Channel stable, 2.2.1, on macOS 11.2.2 20D80 darwin-x64, locale ja-JP)
[!] Android toolchain - develop for Android devices (Android SDK version 30.0.1)
 ✗ Android licenses not accepted.  To resolve this, run: flutter doctor --android-licenses
[!] Xcode - develop for iOS and macOS
 ! CocoaPods 1.9.3 out of date (1.10.0 is recommended).
  CocoaPods is used to retrieve the iOS and macOS platform side's plugin code that responds to
  your plugin usage on the Dart side.
  Without CocoaPods, plugins will not work on iOS or macOS.
  For more info, see https://flutter.dev/platform-plugins
 To upgrade see https://guides.cocoapods.org/using/getting-started.html#installation for
 instructions.
[✓] Chrome - develop for the web
[✓] Android Studio (version 4.0)
[✓] VS Code (version 1.56.0)
[✓] Connected device (1 available)
! Doctor found issues in 2 categories.

1つ目のアラートは、ライセンスがアクセプトされていないためなので、次のコマンドを実行してください。各SDK Packageのアクセプトを聞かれますので、全て「y」を入力してください。

flutter doctor --android-licenses

2つ目のエラーは、CocoaPodsのバージョンが古いためにエラーとなっていますので、下記のコマンドを実行してください。

brew install cocoapods

CocoaPodsのインストールが完了したら、linkを貼り直す。

brew link --overwrite cocoapods

※最後に「flutter doctor」を実行して、全てのアラートやエラーが解消されていることを確認する

4.Android Studio で SDK をインストールする

Android Studio の初期画面の右下にある「Configure」から「SDK Manager」を選択します。

リストの中から、「Android 8.1 (Oreo)」を選択し、「OK」をクリックしてSDKをインストールします。(あとは画面の指示に従ってインストールしてください)

5.Virtual Device(Android エミュレータ)を作成する

Android Studio の初期画面の右下にある「Configure」から「AVD Manager」を選択します。

次の画面の中央にある「+ Create Virtual Device...」をクリックします。

image

次の画面に左下にある「New Hardware Profile」をクリックします。

image

次の画面「Configure Hardware Profile」にある入力項目を設定します。

Device Name : stera terminal (JT-C60)

Screen Size : 7

Resolution : 720 x 1280

Supported device states : Portrait にだけ、チェックを入れる

Cameras : Back-facing camera にだけ、チェックを入れる

Sensors : 全てチェックを外す

全て入力したら、画面右下にある「Finish」をクリックする。つ

image

次の画面「System Image」から、「Oreo (API Level 27、Android 8.1) 」をのダウンロードをクリックする。

image

ダウンロードが開始すると、下記の画面が表示されるので完了まで待って「Finish」をクリックする。

image

「System Image」画面が表示sれたら、先程の「Oreo (API Level 27、Android 8.1) 」を選択し、「Next」をクリックします。

次の画面「Android Virtual Device (AVD)」の左下にある「Finish」をクリックします。

image

6.アプリのテンプレートを作成する

下記のコマンドを入力して、アプリのテンプレートを作成します。

$ flutter create my_app

7.Android Studio にプライグインをインストールする

Android Studioの初期画面の右下にある「Configure」の「Plugin」を選択します。

image

次の画面「Plugin」から、「Flutter」を検索してインストール(Dartも一緒にインストールされます)し、Android Studioを再起動します。

image

Android Stuioが再起動したら、「Open an eisting Android Studio project」を選択して、先ほど作成した「my_app」を開きます。

image

画面上部の中央付近にあるドロップボックスから「Open stera terminal (JT-C60)」を選択して、エミュレータを実行します。

8.DNSの設定を変更する

エミュレータからインターネットへのアクセスができるように、macosのDNSサーバーに下記のアドレスを指定します。

8.8.8.8

以上で、基本的な開発環境のセットアップは終了です。